ビーズに関する情報が満載!

キラキラのビーズ

アクセサリー作りに適したビーズの形状と取扱いについて

ビーズはアクセサリー作りなどに用いるために加工された微小の玉で、中央に糸を通すための穴が開いているのが特徴です。
材料は石やガラス、プラスチックなど様々で、製造技術の発達により形状も多彩になっています。
ビーズをアクセサリー作りに用いる場合、使用目的に合致した物を選ぶことが大切です。
使用される材料の質感や形状によって雰囲気が大きく変わるため、事前に明確なイメージを構築しておくことが作業を速やかに進めるための条件になります。
また、ビーズは中央に穴が開いていることから材料の品質に関わらず外部からの加重に弱い欠点があります。
乱暴に扱うと割れてしまうことがあるので、アクセサリーを作る際は力をかけ過ぎないように丁寧に扱うように心がけます。
また、形状によっては衣類に引っ掛かりやすい点も併せて注意することが大切です。
出来上がったアクセサリーは日焼けによる劣化を防ぐために、使用しない時は日光が当たらない暗所で保管します。

子供の遊びに適したビーズの形状や保護者に必要な姿勢について

ビーズは主に装飾用に加工された小粒の球体で、糸を通すために中央に穴が開いているのが特徴です。
材質も石やガラス、プラスチックなど多彩で自分好みの装飾を施すことが出来ます。
また、製造技術の発達により低いコストで大量生産が可能になった現在では子供のおもちゃとして用いられることもあります。
子供がビーズで遊ぶ際には安全性を考慮することが大切です。
ビーズの粒は小さいので誤飲などのトラブルに見舞われることがあります。
そのため、保護者が安全を確認して常に傍にいるように心がけます。
また、形状によっては遊んでいる最中に怪我をしてしまうこともあるので併せて注意します。
プラスチック製の製品は様々な形状に加工されているので特に取扱いに気を配ることが大切です。
子供にとって扱い易く、様々なアクセサリーを作ることが出来るおもちゃですが、取扱いを誤ると重大な事故に繋がる可能性もあるので、必ず正しい使い方を教えるのが保護者の務めです。

Valuable information

オリジナルマグカップ制作
http://www.mugmate.com/

Last update:2015/7/16

『ビーズ 形状』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/lxvgn4rk/public_html/ampsoccerusa.org/keijyo.html on line 54
↑ページ先頭